「さようなら」の意味

「さようなら」の意味を知っていますか?

英語では別れる時にgood by!と言いますね。これは、GOD(神)byが変化したものです。
神と共にあらんことをと言っていいるのです。バイはそばにという意味です。
神様、そばにいてお守りくださいといっているのです。

では、日本人の挨拶である「さようなら」の意味はなんでしょうか。
改めて挨拶を考えて見ましょう。

「こんにちは」で始まる挨拶は、「こんにちは、お元気ですか」と続いた挨拶です。
「こんにちは」「今日は」の「今日」は、昨日今日の意味ではなく、古くは太陽の意味です。
今でも、太陽のことを「今日様」と呼ぶ地方はたくさんあるようです。

夏目漱石の「坊ちゃん」にも、
「そんなことをしたら今日様(太陽)に申し訳ないがなもし」というような台詞があります。
「今日は」という挨拶は、「やあ、太陽さん」という呼びかけなのです。
「元気ですか」の意味は、元の気(もとのエネルギー)。太陽の気(エネルギー)ということになります。
「今日は、お元気ですか」とは、あなたは太陽のエネルギーが原因で生きている身体だということを良く知っていて、 太陽と一緒に明るく生きていますか、という確認の挨拶だったのです。

それを受けて、
「はい、元気です」と答えます。
「はい、太陽さんといっしょに元気に生きていますよ」と応答するのです。

それから、
「さようなら、御機嫌よう」となります。
「さようなら」は、「左様ならば」の意味であり、
「そうであるならば(太陽さんといっしょに生活しているならば)、ご機嫌がよろしいでしょう」となります。

「今日は、お元気ですか」
「はい、おかげ様で元気です」
「さようなら、御機嫌よう」
これが、基本の挨拶なのです。

江戸時代は全部言っていたものが、明治時代には、男性が「さようなら」女性が「御機嫌よう」と掛け合い、 昭和時代には「さようなら」だけを言って分かれるようにになってしまいました。
日本人の挨拶にはこんな太陽(生命エネルギーの元)と一緒に生活する気持ちのいい意味があったのです。

この太陽とともに生きる私たち日本人の「国旗」は太陽を意味する「日の丸」です。
そして、私たちは、日の本の人(太陽の元にに生きる人々)、日本人なのです。

元旦に初日の出を拝む清清しさを味わえるのも日本人の特質ですかね。

参考文献「日本のこころ教育」境野克悟 致知出版社

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. TOTAL TODAY