姿勢

パソコンの普及によって現代人の姿勢が急速に悪くなっています。

一日中パソコンに向かっているために、肩甲骨が開き、肩が前に出て、頭も前に出て、いわゆる猫背状態になっています。

鏡の向かって横を向いて自分の姿勢を眺めて見て肩の位置を確かめて見ましょう。
肩が前に出てくると、重い頭を支えるために、首や肩の筋肉が緊張し、肩こり、首痛、不眠、頭痛などの症状がでてきます。
また、同時に骨盤が下がり、いわゆる老人体型になってきます。

現代は、硬い地面と平らな地面の上を靴を履いて歩ようになってしまったために、足の指を使って歩くことを忘れてしまっています、外反母趾も、0脚もこのことが大きな原因です。
体重が小指側、外側にかかってさらに姿勢を悪くしています。ほとんどの身体の不調は姿勢の悪さからきているのです。

正しい姿勢を取り戻したときの身体の軽さはなんともいえない快感です。
無理やり姿勢を矯正してもすぐに戻ってしまいます。
自分の身体が思い出せばいいのです。一度体感した正しい姿勢を日常的に思い出す簡単な体操を続けることのよって姿勢を保つことができます。 身体を無理にねじったり、ボキボキ骨を鳴らすことでは、正しい姿勢は取り戻せません。

試しに、座った姿勢で誰かに軽く頭を押さえて貰って、軽くですよ。そのまま頭を天井に向かって押すように背伸びをして10秒そのままでいてくださ。 10秒経ったら手を離してもらってください。
いかがですか、ご自分の姿勢の感覚が少し取り戻せましたか。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. TOTAL TODAY