エネルギー専科・レイキ授業内容

セミナーへのお申し込みはこちら

教科プログラム
名称「レイキヒーラー」 課目「レイキ」※注1


レイキヒーリングⅠ 肉体のヒーリング

レイキヒーリング(生命エネルギー)を体験し、実践する。

受講料 30,000円税別

【期間】1日間 時間10:00~18:00
【受講資格】なし
【内容と効果】アチューメントを受けることで、生命エネルギーの回路を開放し、心と身体を活性化します。 自分自身へのヒーリング(セルフヒーリング)と他者へのヒーリングができるようになります。
【アチューメント】
エネルギー回路を開く4回のアチューメントが受けられます。
【講義内容】
1.生命エネルギーの基礎とレイキヒーリングの意味
2.ヒーリングの基礎手法
【実習】
1.複数によるヒーリング実習(レイキマラソン)
複数の人が一人の受け手に対して同時にエネルギーを送ります。
生命エネルギーは協力することでより強力になることを実習します。
2.セルフヒーリングの実習と他者ヒーリングの実習


レイキヒーリングⅡ 心身と感情のヒーリング、遠隔ヒーリング

癒されていない心の傷跡に癒しを与え、安心感や中和を生み出す。

受講料30,000円 税別

【期間】1日間 時間10:00~18:00
【受講資格】レイキヒーリングⅠ修了者
【内容と効果】レイキヒーリングⅠで学んだヒーリングがさらにパワーアップします。
シンボルとマントラ、を活用することにより、生活の中でヒーリングを生かす実践的な方法を学びます。
時間や空間を超えた遠隔ヒーリングを学びます。
【アチューメント】3つのシンボルとマントラを使用する3回のアチューメントが受けられます。
【講義内容】
1.3つのシンボルとマントラの意味と活用法
2.ヒーリングの活用法


レイキヒーリングⅢ 潜在意識への旅 高次元と繋がる

自分の中にある光を感じ、宇宙意識とつながりを感じ、調和する。

受講料 90,000円 税別

【期間】1日間 時間10:00~18:00
【受講資格】レイキヒーリングⅡ修了者
【内容と効果】レイキヒーリングⅡで学んだヒーリングがさらにパワーアップします。
マスターシンボルをお伝えします。このシンボルは高次元の意識、究極の悟りの状態などを指し、そのエネルギーにつながることのできるシンボルです。 カンやヒラメキが鋭くなります。円滑現象が起きてきて、共時性の実感を持つことができるようになります。 ハイヤーセルフとつながり、物事の本質が理解できるようになります。 心身の症状別の対応ができるようになります。
【アチューメント】レイキヒーリングでの最高のアチューメントが受けられます。
【講義内容】
1.シンボルとマントラの意味と活用法
2.症状別ヒーリング
【実習】
1.生命エネルギーの理論とマスターシンボルの意味と活用法
2.症状別ヒーリングの活用法
3.発霊法、呼吸瞑想法の実践


レイキヒーリングⅣ ティチャーコース

レイキヒーリングの指導者コースとしてレイキエネルギーを伝授できるようになる

受講料 120,000円 税別

【期間】2日間 時間13:00~18:00
【受講資格】レイキヒーリングⅢ修了者
【講義内容】レイキの指導者コースとして、レイキのエネルギー伝授ができるようになる。
その際重要なことは、ただ単にテクニックを伝授するだけでは意味が無く、指導者に相応しい器量と人格の開発を目指します。
1.人間らしい生き方の再確認。
2.ティチャーズアチューメントマニュアルに基づくアチューメントの説明と実習。
3.自己浄化法とティチャーとしての自己鍛錬法。


※注1 靈氣療法の始まり

19世紀の終わりに日本人臼井甕男(ウスイミカオ1865-1926)氏が、京都の鞍馬山にて21日間の断食・瞑想の末にまとめあげた生命エネルギーの活用法です。 一種の手当て療法で、現在ではアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、シンガポール、インド、 ブラジル等では最も一般的なヒーリングのテクニックとして知られています。
日本では大正末期から戦前にかけて、健康法が盛んでしたが、中でも「手当て・手かざし療法」は最もポピュラーなテクニックでした。 その中核をなしたのが「レイキ・ヒーリング(靈氣療法)」であり、臼井氏だったとされています。
日本では、世界に広がったレイキが1985年頃に逆輸入の形で入って来て急速に普及が始まっています。
だれでも短時間で、しかも簡単(訓練しなくともよく、難しい手法ではない)に身につけることができるために、習う人が急激に増えています。
宇宙エネルギーとつながり、生命エネルギーの活性化をはかり、生体内のエネルギー・バランスを調整する方法です。 能力開発の一つの方法であり、健康法の一つの方法であり、癒しの方法のひとつです。
宗教のなかには、このような方法を布教の方便として活用しているところもあるようですが、本来宗教とは関係なく、だれでもが持っている能力のひとつです。

レイキ(靈氣)・ヒーリングの特徴

1.修業や訓練が不要で、エネルギーの伝授(アチューンメント)を受ければ、自分にも他人にもエネルギーを流すことができる。
2.効果が具体的。
3.修業・訓練を怠っても永久にパワーが失われない。
4.ヒ-リング中に強力な注意集中が不要。
5.気を入れたり、抜く必要がない。
6.相手の邪気を受けにくい。
7.時間・空間を越えた遠隔ヒーリングができる(ステップ2以上)。
8.他のテクニック(ヒーリング・瞑想・気功・整体等)と併用できる。

レイキ(靈氣)とは何か?

レイキは「靈」と「氣」を合わせた言葉です。「靈」は”神聖なるもの”、”高次元のもの”を意味しています。「氣」は宇宙・生命エネルギーを意味しています。 したがって、レイキは「神聖な宇宙・生命エネルギー」という意味になり、レイキ・ヒーリングとはそれを扱う神聖なる方法という意味になります。

生命エネルギーの話

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. TOTAL TODAY