レイキ

レイキ(靈氣)・ヒーリングとは何か?

靈氣療法の始まり

19世紀の終わりに日本人臼井甕男(ウスイミカオ1865-1926)氏が、京都の鞍馬山にて21日間の断食・瞑想の末にまとめあげた生命エネルギーの活用法です。 一種の手当て療法で、現在ではアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、シンガポール、インド、ブラジル等では最も一般的なヒーリングのテクニックとして知られています。

日本では大正末期から戦前にかけて、健康法が盛んでしたが、中でも「手当て・手かざし療法」は最もポピュラーなテクニックでした。その中核をなしたのが「レイキ・ヒーリング(靈氣療法)」であり、臼井氏だったとされています。 日本では、世界に広がったレイキが1985年頃に逆輸入の形で入って来て急速に普及が始まっています。 だれでも短時間で、しかも簡単(訓練しなくともよく、難しい手法ではない)に身につけることができるために、習う人が急激に増えています。

宇宙エネルギーとつながり、生命エネルギーの活性化をはかり、生体内のエネルギー・バランスを調整する方法です。能力開発の一つの方法であり、健康法の一つの方法であり、癒しの方法のひとつです。

宗教のなかには、このような方法を布教の方便として活用しているところもあるようですが、本来宗教とは関係なく、だれでもが持っている能力のひとつです。

レイキ(靈氣)・ヒーリングの特徴

修業や訓練が不要で、エネルギーの伝授(アチューンメント)を受ければ、自分にも他人にもエネルギーを流すことができる。
効果が具体的。
修業・訓練を怠っても永久にパワーが失われない。
ヒ-リング中に強力な注意集中が不要。
気を入れたり、抜く必要がない。
相手の邪気を受けにくい。
時間・空間を越えた遠隔ヒーリングができる(ステップ2以上)。
他のテクニック(ヒーリング・瞑想・気功・整体等)と併用できる。

レイキ(靈氣)とは何か?

レイキは「靈」と「氣」を合わせた言葉です。「靈」は”神聖なるもの”、”高次元のもの”を意味しています。「氣」は宇宙・生命エネルギーを意味しています。 したがって、レイキは「神聖な宇宙・生命エネルギー」という意味になり、レイキ・ヒーリングとはそれを扱う神聖なる方法という意味になります。

生命エネルギーの話

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. TOTAL TODAY